遺産分割のいろは

相続01

被相続人となる家族が亡くなったら間もなく遺産相続について話し合わなければなりませんが、これは急に話を進めると言ってもなかなか難しく、できるだけ準備しておいたほうがスムーズに進められます。
まず知っておきたいのは遺産を相続する権利を持っているのが誰か?という点で、これは基本的に被相続人の親族ということになります。

相続できる順番は法律でも決まっていて、まずは被相続人の配偶者がもっとも優先順位が高く、2番目が子供、次に父母祖父母、最後に兄弟姉妹という順番になります。
中でも配偶者と子供は必ず相続権を与えられますので、被相続人に配偶者と子供がいる場合は父母祖父母や兄弟姉妹は相続権を与えられません。

また相続できる割合も組み合わせによって異なり、配偶者と子供の場合は配偶者が全体の2分の1、子供が残りの2分の1を分け合います。
子供がいない場合は父母祖父母が繰り上がりとなって配偶者が全体の3分の2、父母祖父母は残りの3分の1を分け合います。

子供も父母祖父母もいない場合は配偶者と兄弟姉妹の組み合わせとなり、配偶者が全体の4分の3、兄弟姉妹で残りの4分の1を分け合います。
これが基本的な法定相続分となりますが、たとえば被相続人となる人に姉がいて、姉弟の関係であり、なおかつ配偶者や子供、父母青父母がいない場合は姉が唯一の身内ということになりますので、相続権はこの姉にのみ与えらえます。

法定相続分の組み合わせについてはいろいろとありますので、あらかじめ調べておくと良いですし、それほど難しいものではありませんから自分だけでも十分に情報収集できるはずです。
法定相続分はあくまでも法律で定められている分け方であり、一般的には遺言書か遺産分割協議によって決められることがほとんどです。

遺言書による決定はもっとも優先されるもので、これは被相続人が記載したものに限ります。
遺言書には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があって、それぞれ特徴がありますので、遺言書による遺産分割をする場合はその点を把握ししておかなければなりません。

特に自筆証書遺言と秘密証書遺言は裁判所の検認が必要になりますので、被相続人となる人は誰がどの財産を相続するのか明確に記載するようにしましょう。
そして遺産分割協議によって決める場合は相続人全員が揃っている必要がありますので、相続人調査と財産調査を行い、間違いのないように進めていきましょう。