遺産分割協議書の書き方

遺産分割についての話し合いが終われば、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書とは、遺産分割協議内容を書面に示した書類のことです。
遺産分割協議書を作成しなければ、罰金が課せられるという訳ではありません。
大げさに言ってしまえば、口約束でも十分です。
しかし口約束になると、後で言った言わないでトラブルになります。
相続の手続にも必要になるので、必ず遺産分割協議書を作成しましょう。

遺産分割協議書の書き方はまず、相続する財産を事細かく記します。
例えば銀行預金の場合は、金額だけでなく銀行名・支店名・口座番号も記しておきます。
不動産であれば、登記事項証明書に記載されている内容を正確に記します。
土地ならば所在・地番・地目・地積も一字一句間違えないように書きます。
曖昧に書いてしまうと、トラブルになりかねません。
細かいことをネチネチ述べるようですが、トラブル防止のためにも相続する財産はきっちりと書くようにして下さい。

そして忘れてはならないのが、相続人全員の署名と押印です。
全員分が難しそうであれば、郵送で遺産分割協議書を送り、署名と押印をしてもらいます。
そしてできるのならば、遺産分割協議書は相続人全員に行き渡るようにして下さい。

遺産分割協議書は、相続のありとあらゆる手続を進めるのに必要な書類です。
もし相続税が発生しているのならば、遺産分割協議書の提出が求められます。
誰がどの財産を相続したのかがハッキリと書かれており、相続税の額を大きく左右します。
また不動産の相続登記にも、遺産分割協議書が必要です。
法務局に、「この不動産は◯◯さんが相続することになりました」と証明するために用いられます。

遺産分割協議書は、パソコンや手書きで作成しても構いません。
縦書きでも横書きでも、特に決められた書式がありません。
インターネットで検索すれば、遺産分割協議書のひな形も出てくるでしょう。
しかし書き方のルールを守らなければ、遺産分割協議書は無効になってしまうので要注意です。