遺産分割の対象となるのは誰?

相続

・遺産相続で必要な分割協議
遺産相続の際に必要となってくるのが、遺産の分割協議です。
誰がどれくらいの遺産を分割するのかというのをしっかり決めておかないと、後からトラブルになることも多いため、しっかりと決めておくことが重要です。
国でも遺産分割に関しては義務としており、国に対して遺産分割協議書の提出が義務となっています。
もちろん、遺産などがない場合は関係ない話なのですが、遺産がないと思っていたのに、意外と相続するのもが出てくるということもあります。
子供に内緒で貯金や預金を増やしている両親もいますし、妻や夫に内緒で物件を所有しているということもあるかもしれません。
被相続人の死後、それらの資産や財産に関しては調査が行われ、それぞれ法定相続人が分割していく決まりとなっています。
それらの点も含めてしっかりと話し合っていくことが必要です。

・遺産分割協議の対象となるのは誰?
遺産分割協議に参加しないといけない人は、遺産を相続する予定の人たちです。
被相続人にとっての家族がその対象となるのが普通です。
稀に遺言などでまったくの他人に相続するという人もいますが、ほとんどの場合は家族だと言えるでしょう。
つまり、遺産分割協議をするのは、残された家族となるわけです。
ただ、この家族に関しても色々な状況が考えられます。
配偶者が先に亡くなっていたり、子供がいなかったりすることもあるでしょう。
それぞれの状況によって遺産分割協議をしなくてはならないので注意してください。
基本的には妻や夫の配偶者と子供たちで話し合うことになります。
その他、被相続人に配偶者も子供いない場合は、直系の両親や兄弟姉妹などが対象となります。
それらの状況によってまったく違ってくるので、そこはしっかりと考えておきましょう。
なお、被相続人の死後、この法定相続人に関しては調査しなくてはなりません。
被相続人にとっての人間関係をしっかりと見極めておく必要があります。

・遺産分割は専門家へ
自分たちで話し合っていると、度々トラブルになることもあります。
そもそも遺産の話を家族間で行うというのは、やはり心苦しいものなのではないでしょうか。
そんな時には専門家を活用すると良いです。
直接的な介入ができない専門家もいますが、弁護士や司法書士、行政書士などに相談すればサポートしてくれることも多いです。
その他、税金のことなどであれば、税理士などの力も使ってみると良いでしょう。